北欧ベッドといえば、シンプルでナチュラルなイメージが真っ先に浮かびます。
北欧諸国では冬季の日照時間が短く、寒く厳しい冬が長く続きます。
そのため、部屋の中で過ごす時間が増えるので少しでも明るく快適に過ごすために、温かさを感じられる材木や明るい色のテキスタイルがインテリアの基調となっているそうです。

●北欧ベッドの特徴
北欧ベッドは温かなぬくもりが感じられるように、木製のものが主流となっています。
チーク材、マホガニー材、ウォールナット材などの天然木を使用し、切り出した原木をそのまま使用した無垢材で作られたものが多く、長く使えば使うほど風合いが出てくる家具です。
また、北欧ベッドの多くはロータイプですのこ仕様のものが多く、通気性が良く湿気をため込まないため、梅雨など湿度の高い時季がある日本には適していると言えるでしょう。

●理想的な北欧ベッド
柔らかな風合いをした天然木のパイン材で作られた北欧ベッドが理想的です。
パイン材は熱、音、湿気、光をよく吸収し、快適な住空間にしてくれると言われています。
また、使用するマットレスは点で体を支え、体への負担が少ないと言われているポケットコイルマットレスが理想です。
ベッドカバーや枕カバーは柔らかいベージュやオフホワイトの色で統一し、生地はリネン素材を選び、ナチュラルな雰囲気で落ち着けるベッドが良いです。
このような北欧ベッドでしたら、寒い冬でもほっこりと朝を迎えることができそうです。

⇊以下のサイトをご確認下さい。⇊
北欧ベッド

関連記事

    None Found