仮想通貨とは

仮想通貨は、不特定多数の間で、インターネットを通じて物品などの対価に使用することができ、公的な発行主体や管理者が存在せずに、取引所を通して円やドルなどの通貨と交換することができるものです。現在では、600種類以上の仮想通貨があると言われています。仮想通貨は、中央管理者が存在しませんから、送金手数料が安く、特に海外送金を低コストで送金することができるというメリットがあります。

通常、日本から国外に10万円を送金するような場合には、8000円ほどの手数料がかかりますが、仮想通貨の場合は、ごくわずかの手数料ですみますから、大きな差があります。

 

投資のように使える仮想通貨

仮想通貨は通常の物品やサービスなどの対価として使用するだけではなく、投資の用にも使用することができます。投資というと、株やFXをイメージするかもしれませんが、株で利益を得ようと思った場合二は、売買を短期的に行ったり、長期保有することで利益を得ることができます。仮想通貨もそれと同じように価格が毎日変動していますから、株やFXと同じように投資の対象として利用することができます。

ただ、注意しないといけないことは、株やFXと同じように、投資にはリスクも生じます。100パーセント利益がでるといった取引は存在しませんから、上昇すると思って購入しても全くあがらずに価値が下がってしまう仮想通貨もありますから、リスクも理解しておく必要があります。

 

仮想通貨を使ってみたい!
オススメはこちらです ⇒ 仮想通貨

 

仮想通貨の基本


仮想通貨という言葉は、最近よく耳にするようになりましたが、よく分からないから怪しい物と思っている人も多いのではないでしょうか。国や銀行が発行しているものではないということから、不安に思ってしまいますが、正しい知識をもっていれば怪しいとはいえません。現在仮想通貨は600種類以上あるといわれています。残念ながらその中には怪しげなものも存在してしまいますが、上位10パーセント程度の仮想通貨は本当に価値があり安心して使用することができるといえます。仮想通貨は、銀行などが管理しているわけではなく、個人対個人の取引となりますから、送金先が海外であっても手数料は非常に安くすみます。仮想通貨が送金をする場合には、個人のウォレットどうしでの直接取引となりますから、簡単に送金することができます。

 

秘匿性と投機性

仮想通貨の魅力としては、誰が持っているのかがわからず、マイナンバーにもかからない、長期保有しているだけで相場価格があがっていく、新しい仮想通貨は数百倍にも価値が上がる可能性があるなど、秘匿性と投機性を持っているということが、仮想通貨の魅力ともなっています。仮想通貨の一種であるビットコインは、ウォレットのビットコインアドレス等と個人情報が全く結びついていませんから、取引の透明性と秘匿性を同時に成立させています。ビットコインは、ビットコインアドレスからどのビットコインアドレスに対してどのくらいのビットコインが送金されたのかという事実が、全世界に公開されていますが、自分からビットコインアドレスを公表しない限りは、個人情報を結びつける手段はありませんから、安心です。

 

仮想通貨の今後

仮想通貨は、実物の硬貨や紙幣があるわけではなく、インターネット上に存在する通貨で、目に見える形はありません。日本ではまだ認知度の低い仮想通貨ですが、決済が可能な店舗ではクレジットカードなどと同じように支払いが可能で、海外送金なども手数料がほぼない状態で24時間リアルタイムで処理されるというメリットがあります。クレジットカードとは違って、翌日に売り上げが入金されるため、小売店側にもメリットがありますから、今後ますます国内でも導入されると考えられています。

関連記事


    興味はあるけどどんなものなの?日本で使えるところって少ないんでしょう?こんな風にお考えの方に、やさしく解説します!   仮想通貨の基本のき! 仮想通貨とは電子決済にのみ対応した通貨です。電…


    ここでいう「仮想通貨」とは、インターネットシステムを媒介にしながら、不特定大多数からなるユーザーさんの間で、物品・サービスなどの対価の使用が出来るうえに、中央銀行をはじめとする公的発行主体、あるいは…